本文へ移動

地域支え合い体制整備(生活支援体制整備事業)

地域支え合い体制整備事業とは?

住み慣れた地域で自分らしい暮らしを生きいきと元気に続けられるように、生活支援・介護予防サービスの充実・社会参加を推進していく事業です。
あさぎり町から委託されており、地域の実情に合わせた助け合い・支え合いの仕組みづくりを進めています。

生活支援コーディネーター(地域支え合い推進員)とは?

人と場、人と人、人と支援、思い・心、情報など様々なものをつなぎ、多様なネットワークを育てていく「つなぎ・組み合わせていく調整役」です。
地域に出向き、現状の把握やニーズの掘り起こしを行います。
日常生活圏域での地域と住民がつながる、既存・新規の福祉サービスの展開を行います。
地域を引っ張っていく人材の発掘と活動する場の確保を行います。

ささえ愛あさぎり町地域づくり協議体とは?

地域の多様な主体メンバーと地域情報の共有や、地域(町民)ができることを探します。
地域における高齢者の交流や団体・企業の活動サービス展開を踏まえ、「地域づくり」という共通の目的に協働で取り組みます。

生活支援情報誌について

住み慣れた地域でいつまでも安心して暮らせるよう、買い物支援や移動支援など生活に役立つ情報を発信しています。
 
生活支援情報誌はこちらからご覧ください
 

お問い合わせ

 お問い合わせはこちら
あさぎり町社会福祉協議会
電話番号:0966-49-4505
TOPへ戻る