本文へ移動

生活支援

生活困窮者等自立相談支援事業

ひとりで抱え込まずにご相談ください!
現に経済的に困窮し、最低限度の生活を維持することができなくなる恐れのある人を対象としています。
「働きたくても働けない」、「住むところがない・・・」などだれかに相談したいがどこに相談していいかわからない・・・などお悩み事やお困りごとをお聞かせください。
支援員が相談者と一緒に考え、一人一人に合わせた支援プランを作り解決へのお手伝いをします。
ご家族などからの相談も受付いたします。
●主な支援内容

▶就労準備支援事業~就労への第一歩です~

「社会との関わりに不安がある」、「周囲の人とのコミュニケーションがうまくとれない」などすぐに働くことが心配な方に、就労に向けた訓練や就労の機会を提供します。

▶家計改善支援事業~家計の立て直しについてアドバイスします~

家計状況の課題を整理し、自ら家計の計画を管理していけるように、状況に応じた支援計画の作成や貸し付けのあっせん等を行います。

▶子どもの学習支援事業~子どもの明るい未来をサポート~

子どもの学習支援や居場所づくり、進学、高校の中退防止等について、子どもとその保護者に必要な支援を行います。

▶一時生活支援事業~宿泊場所や食事等の提供~

決まった居住のない方に一定期間の宿泊場所と食事を提供しながら、自立した生活に向けた支援を行います。

▶住居確保給付金~家賃相当額を支給~

離職などにより住居を失った方又は失うおそれの高い方に、就職に向けた活動を行うことを条件として、一定期間の家賃相当額を支給します。

総合相談所

相談内容に応じて、各関係機関と連携を図りながら、問題の解決に取り組みます。

権利擁護事業業務

社会福祉協議会(社協)と利用者が契約を結び、福祉サービスの利用援助や日常的な金銭管理等を行うことで、在宅にて自立した生活が送れるよう支援します。

例えば・・・

・年金や生活保護費を使い切ってしまい、公共料金や家賃が支払えなくなってしまう
・通信販売や訪問販売の被害にあったり、断り切れずに支払いにも困っている   など
 
このようなことでお困りの方に対し、相談に応じ援助いたします。
●ご利用できる方

認知症高齢者、知的障がい者、精神障がい者で判断能力が十分でない方
●契約について

ご利用者本人とあさぎり町社会福祉協議会で契約を締結します。
●サービス内容

  • 日常的な金銭管理(金融機関での手続き、お支払い、お金のお届けなど)
  • 福祉サービスの利用の手続き
●利用料

  • 1回400円(非課税世帯の方)
  • 生活保護を受けられている方は無料です。

お問い合わせ

 お問い合わせはこちら
あさぎり町社会福祉協議会
電話番号:0966-49-4505
TOPへ戻る